【2021年決定版】帰国子女枠で受験できる中学校一覧|学校情報・偏差値・受験対策について紹介

帰国子女枠で中学受験を検討されてるご家庭は多いと思います。

しかし、自分の住んでる地域で、子供の学力や雰囲気に合った学校を選ぶことは、そう簡単ではありません。

例えば、自分の子供を慶應に入れたいと考えた場合、慶應には普通部・中等部・湘南藤沢中等部の3つの付属中学がありますが、帰国生入試が実施されてるのは湘南藤沢中等部のみです。

御三家と呼ばれる開成・麻布・武蔵なども帰国生入試はありません。

帰国子女枠で中学受験を検討されてる場合には、事前にどの学校で帰国生入試が行われているのか調べた上で、志望校を選ばなければなりません。

そこで今回は、エリア別に帰国子女枠で受験できる中学校を偏差値順に紹介したいと思います。

“編集長・中田”

志望校を決める上で必ずチェックすべきは、その学校が帰国生入試を実施しているか否かです。

中学受験で帰国子女枠を設けてる学校は決して多くありません。

慶應の付属校では湘南藤沢中等部のみ帰国生入試を行っています。

意外かもしれませんが、同じ慶應の付属校でも普通部と中等部では帰国子女枠がありません。

これから紹介する学校は帰国生入試を行っている学校になりますのでぜひ参考にしてみてください。

東京都の帰国生入試を実施してる学校

都内の中学校では、帰国生入試を実施している学校が多いです。

しかし、中学受験の御三家と呼ばれる開成・麻布・武蔵、女子御三家の桜蔭・女子学院・雙葉、慶應の付属校である普通部と中等部などは帰国生入試を行っていません。

どうしてもこれらの学校に進学したい場合は、一般入試で合格を勝ち取る必要があります。

帰国生入試を行ってる学校では、男子新御三家の一角である海城、同じく女子新御三家の豊島岡女子の人気が高いです。

共学では多くの東大合格者を輩出している渋谷教育学園渋谷(渋々)、伝統校の成蹊学習院、海外大学への進学に力を入れてる広尾学園などが帰国生入試を実施しています。

学校名 男女別 区分 偏差値
豊島岡女子中学校 女子校 私立 70
早稲田大学系属早稲田実業学校中等部 共学 私立 70
渋谷教育学園渋谷中学校 共学 私立 70
海城中学校 男子校 私立 67
広尾学園中学校 女子校 私立 66
白百合学園中学校 共学 国立 66
東京学芸大学附属国際中等教育学校 男子校 私立 63
学習院中等科 女子校 私立 60
頌栄女子学院中学校 女子校 私立 60
立教女学院中学校 共学 私立 59
早稲田大学高等学院中等部 男子校 私立 59
攻玉社中学校 共学 私立 58
成蹊中学校 女子校 私立 57
学習院女子中等科 共学 私立 57
法政大学中学校 共学 私立 56
穎明館中学校 共学 私立 54
東京都市大学等々力中学校 女子校 私立 54
大妻中学校 共学 私立 53
高輪中学校 男子校 私立 53
東京女学館中学校 女子校 私立 53
江戸川女子中学校 女子校 私立 52
共立女子中学校 女子校 私立 52
國學院久我山中学校 男女別 私立 52
富士見中学校 女子校 私立 52
山脇学園中学校 女子校 私立 51
順天中学校 共学 私立 51
実践女子学園中学校 女子校 私立 51
宝仙学園中学校 共学 私立 51
跡見学園中学校 女子校 私立 51
大妻中野中学校 女子校 私立 51
淑徳中学校 共学 私立 48
かえつ有明中学校 共学 私立 45
開智日本橋学園中学校 共学 私立 45
富士見丘中学校 女子校 私立 45
玉川学園中学部 共学 私立 44
啓明学園中学校 共学 私立 44
和洋九段女子中学校 女子校 私立 43

帰国生に人気の渋々は小規模な学校でありながら、毎年20-40名程度の東大合格者、慶應・早稲田には共に100名以上の合格者を輩出している進学校です。

海外在住期間が2年以上、帰国後2年以内であることが帰国生入試を受験可能な応募資格になります。

英語力が重視される英語型の入試(英語・国語・算数・英語面接)と学力型の入試(国語・算数・作文・面接)の2種類の帰国生入試があります。

帰国生入試の受験資格が比較的に幅広く、さらに入学希望者も多いため、帰国生入試の中で最難関の学校の一つです。

英語型の入試では英検1級~準1級レベルの英語力が必要とされ英語圏からの帰国生の中であってもそれなりの準備が求められるレベルとなっています。

“副編集長・佐々木”

神奈川県の帰国生入試を実施してる学校

神奈川県の注目校はやはり慶應義塾湘南藤沢中等部(SFC)です。

慶應の付属校の中で唯一帰国生入試を実施しています。

湘南藤沢中等部に入学すれば、大学まで全員が進学することを前提にカリキュラムが組まれています。

つまりエスカレーター式に付属の高等部に進学し、無試験で慶應義塾大学に推薦入学することができます。

現在、私大の定員が厳格化され、私立大学への入学がより難しくなっています。

最難関の慶應も難易度がさらに上がっています。

そのような中で、無試験で慶應に入れることは大きな魅力です。

大学受験がないため受験勉強に囚われない勉学や、部活などの課外活動に集中できることも良い点です。

このような背景から湘南藤沢中等部に進学を希望されるご家庭が多いです。

しかし、湘南藤沢中等部の帰国子女枠は募集定員30名に対して、例年150-200名程度が受験します。

一次試験で約80名まで人数が絞れます。

その後、二次試験で40名前後の最終合格者が決定されます。

このように湘南藤沢中等部は倍率4-5倍の非常に狭き門になっております。

学校名 男女別 区分 偏差値
聖光学院中学校  男子校  私立  70
慶應義塾湘南藤沢中等部  共学  私立  70
鎌倉学院中学校  女子校  私立  65
洗足学園中学校  女子校  私立  65
逗子開成中学校  男子校  私立  65
公文国際学園中等部  共学  私立  63
横浜国立大学教育人間学部附属横浜中学校  共学  国立  60
森村学園中等部  共学  私立  57
カリタス女子中学校  女子校  私立  56
桐光学園中学校  男女別  私立  55
湘南白百合学園中学校  女子校  私立  55
桐蔭学園中学校  男女別  私立  54
横浜国立大学教育人間学部附属鎌倉中学校  共学  国立  54
 横浜女学院中学校  女子校  私立  48
 捜神女子中学部  女子校  私立  43

“監修者・佐藤”

神奈川県のもう一つの注目校は洗足学園です。

近年、急速に進学実績を伸ばし人気の女子校になっております。

東大には毎年10名程度、早慶には200名程度が合格しています。

洗足学園には毎年35名前後の帰国生を受け入れています。

英語の授業では、ネイティブの先生がアメリカの中学高校の標準カリキュラムに沿って組み上げられたシラバスに基づいて授業を行っています。

大学受験に必要な文法等の授業には日本人教員が指導に当たっています。

一方で帰国生の多くが苦手としている国語や数学などの教科では、補習などを行うサポートもあり非常に満足度の高い学校です。

千葉県の帰国生入試を実施してる学校

千葉県では渋谷教育学園幕張中学校(渋幕)が帰国生に人気です。

学校目標の一つである「国際人としての資質を養う」を受けて、帰国子女を対象とした帰国生入試が早い段階から設置されました。

そのため帰国子女の受け入れ体制が非常に整っている学校です。

渋幕の帰国生入試では、試験科目が英語と面接のみ実施されます。

国語や算数などが不要なことは海外生活が長い帰国生にとってはメリットである一方で、英語の試験はエッセーを含み難度の高い問題ばかりです。

そのため渋幕に入学する帰国生の英語力は非常に高いことが特徴です。

また、一般入試で4科目受験をして入学した生徒と比べると、英語以外は当初、苦労する帰国生が多いことから、入学後しばらくは国語と数学の取り出し授業を実施しています。

一般の授業についていけると判断された時点で、他の生徒との授業に合流するため、英語以外の科目についても東大や早慶などの難関大の入試に対応できるまで学校がサポートしてくれます。

学校名 男女別 区分 偏差値
渋谷教育学園幕張中学校 共学 私立 72
市川中学校 共学 私立 63
東邦大学付属東邦中学校 共学 私立 60
千葉大学教育部附属中学校 共学 国立 57
麗澤中学校 共学 私立 50
八千代松蔭中学校 共学 私立 47

渋幕の最大の魅力は、その圧倒的な進学実績です。

毎年東大には100名に迫る合格者を輩出しています。

学年の約3分の1が東京一工(東大、一橋、東工大)と呼ばれる国立の最難関大に進学するとも言われています。

また、海外大学に進学を希望する生徒も多いです。

ネイティブの海外大学進学専門カウンセラーによって出願書類などの手厚いサポートなどを受けるサポート体制が整っています。

毎年10名前後の生徒が海外大学に進学しています。

イェール大学、プリンストン大学、カリフォルニア大学バークレー校、ペンシルベニア大学、シカゴ大学などのトップ校にも合格者を出しています。

“副編集長・佐々木”

埼玉県の帰国生入試を実施してる学校

あまり聞き馴染みのない学校だと思いますが、栄東はさいたま市見沼区にある中高一貫の進学校です。

歴史はまだ浅く1978年に開校した埼玉栄東高等学校が前身となっております。

1992年に栄東中学校を開設し中高一貫校となり、1994年に共学化しました。

同校を運営する学校法人佐藤栄学園は、平成国際大学や埼玉栄高等学校、花咲徳栄高等学校なども運営しています。

栄東は近年急速に進学実績を伸ばしていることでも有名です。

ここ数年はコンスタントに東大に10名程度、早慶上理には400名以上の合格者を輩出していることから注目を集めています。

学校名 男女別 区分 偏差値
栄東中学校 共学 私立 62

“編集長・中田”

栄東では医学部への進学にも注力しており、医学部志望者のために医学部専門予備校である池袋理数セミナーと提携した「医学部コース」を設置しています。

近年では50名前後の医学部合格者を輩出しています。

栄東はこれまで紹介した学校と比べて歴史が浅く知名度は決して高くありません。

しかし、近年の目覚ましい大学進学実績と進学サポートに目を向ければ選択肢の一つに入る学校になります。

茨城県の帰国生入試を実施してる学校

茗溪学園は茨城県つくば市にある中高一貫校です。

経営母体は筑波大学、東京教育大学、図書館情報大学などの同窓会である茗渓会(学校法人茗溪学園)です。

1979年に東京教育大学が筑波大学へ移転している途上で付属校の筑波大学附属駒場中・高等学校(筑駒)などの移転の問題がありました。

しかし、生徒はほとんどが23区内の居住者であったため付属校は移転できず、当時設立100周年を迎えていた茗渓会が記念事業として新たに学校法人を茗溪学園を設立しました。

現在、茗溪学園は国際バカロレア(IB)認定校となっております。

国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)とは、本部をジュネーブに置く国際バカロレア機構が提供する国際的な教育プログラムのことです。

茗溪学園では国際的な大学入学資格が得られる「国際バカロレアディプロマ・プログラム」(IBDP)の認定を受けています。

IBディプロマ・プログラムの所定のカリキュラムを2年間履修し、最終試験を経て所定の成績を収めた生徒は、国際的に認められる大学入学資格(国際バカロレア資格)を取得することが可能になります。

IBが開発された背景には、両親の仕事の関係で母国から離れて勉強している子供が母国での大学進学のため、様々な国の大学入試制度に対応し、1つの国の制度や内容に偏らない世界共通の大学入学資格及び成績証明書を与えるプログラムが必要とされたことがあります。

そのためIBは大学受験を見据えたプログラムになっています。

IBDPの過程を修了することで、大学受験の際に国内だけではなく海外大学の入学資格も得ることができます。

米国ハーバード大学など世界大学ランキングの上位の大学はいずれもこのプログラムを支持し、最も重要な入学資格の一つとしています。

国内では慶應義塾大学、国際基督教大学(ICU)、北海道大学、東北大学、筑波大学、岡山大学などでIBDPの取得で受験資格を得られる「国際バカロレア(IB)入試」や「国際総合入試」の入試制度を設けています。

学校名 男女別 区分 偏差値
茗溪学園中学校 共学 私立 66

“監修者・佐藤”

宇宙飛行士の星出彰彦氏は著名な茗溪学園OBです。

高校2年在学中の1985年、UWC(ユナイテッド・ワールド・カレッジ)へ留学。

1987年、シンガポールの東南アジア・カレッジ(United World College of South East Asia)卒業。

茗溪学園ではUWC留学の時点で、高等学校を自主退学する形になりますが、UWC卒業と同時に、在籍時の学年クラスの卒業生と同等に扱われます。

大学受験資格は国際バカロレア資格の後期中等教育課程修了が適用され、慶應義塾大学理工学部に進学し、その後JAXA職員を経て宇宙飛行士に採用されています。

このような国際的なキャリアを10代のうちから積めるチャンスがあるのも茗溪学園の魅力の一つと言えます。

大阪府の帰国生入試を実施してる学校

大阪府で帰国生に人気なのが大阪教育大学附属池田中学校関西学院千里国際中等部です。

大阪教育大学附属池田中学校では2015年に国際バカロレアの中等教育プログラム(MYP)を行う認定校になっております。

MYPとは11-16歳を対象とした5年間の教程のことです。

教科を学びながら、実社会とのつながりを理解し、分析し、省察して考える人間になることを目的としています。

MYPでは、大学入学準備コースであるDPの基礎学習として位置付けられており、DPへ進むためのスキルを身に付ける期間として重要視されています。

関西学院千里国際中等部は同じキャンパス内に関西学院大阪インターナショナルスクールが併設されています。

そのため関西学院千里国際中等部・高等部に所属しながらインターナショナルスクールのIBDPの授業を履修することができます。

卒業後の国内外への進路選択が広がることから人気となっております。

学校名 男女別 区分 偏差値
大阪教育大学附属池田中学校  共学  私立  72
関西学院千里国際中等部  共学  私立  58

関西学院千里国際高等部の卒業生の約半数が付属の関西学院大学に進学していますが、残りの半数は外部受験で京大・阪大などの国立大学や慶應・早稲田の難関私大、米国や英国などの海外大学に進学しています。

“副編集長・佐々木”

京都府の帰国生入試を実施してる学校

同志社国際は全校生徒のうち3分の2海外で生活をしたことがある帰国生です。

一般生より帰国生の方が多い学校になります。

帰国生と国内一般生とでは、受けてきた教育内容が異なるので聖書・国語・社会・数学・理科・英語の6教科に関して習熟度別クラスがあります。

様々な環境で教育を受けてきた帰国生に対応するために、生徒一人ひとりの入学までの学習状況や入学後の習熟度合いに応じた習熟度別のクラス編成を行っています。

また、同志社はプロテスタントに基づくキリスト教主義の学校です。

そのため毎朝その日の担当教師による礼拝と週一で聖書の授業があることも同校の特色です。

制服はなく外見面に関する厳しい校則が存在しないので欧米からの帰国生には馴染みやすい環境となっております。

なお、卒業生の約9割が同志社大学に進学します。

学校名 男女別 区分 偏差値
同志社国際中学校  共学  私立  68
立命館宇治中学校  共学  私立  62

“監修者・佐藤”

同志社国際は「帰国生徒受け入れ専門校」としてもともと開校しました。

そのため現在も全校生徒の3分の2が帰国生となっております。

入試は国内以外にもロンドン・ニューヨーク・ロサンゼルス・シンガポールの各地で実施されています。

また、中1夏・中2春・中2夏・中3春・中3夏・高1夏・高2春・高2夏に編入学試験があり帰国のタイミングに合わせて受験することができます。

帰国生入試の受験対策

帰国生入試では国語・算数以外にも英語や面接、作文など、一般受験では課されない試験科目もあります。

渋幕や渋々、頌栄女学院、広尾学園などの人気校は英語を重視していることで有名です。

実際に渋々の学校説明会では「英語の試験は85点で足切りをしている」という説明もされるほどです。

人気校に合格するためには英検準1級レベル以上の英語力が必要とされています。

日本英語検定協会によると英検準1級は大学中級程度と位置付けられています。

いくら帰国生でも英検準1級の英語力を小学生の段階で身につけるのはそれなりの努力が必要になります。

英語を日々使っていても日常生活の中で細かな文法を意識することは少ないはずです。

帰国生入試の英語問題は初見で解けるほど易しくなくそれなりの準備が必要です。

英語対策としてはTOEFL iTPなどのテキストを使って文法・リーディング・ライティングの総合力を上げていきましょう。

また同時に面接試験の対策もしっかり行う必要があります。

ほとんどの生徒は面接を経験したことがありません。

そのため合格を勝ち取ることができるレベルの受け応えをゼロから鍛えなければなりません。

学校説明の資料やホームページを徹底的に読み、その学校のどこに魅力を感じ共感したのか面接官が納得できるように説明する能力が必要です。

【まとめ】帰国生入試は甘くない

通常の中学受験では日能研やサピックス、早稲田アカデミーなどの学習塾に子供を通わせて準備を進めることが多いと思います。

また、書店に行けば大抵の学校の過去問や参考者が販売されています。

しかし、帰国生入試の過去問や参考者は探すことが難しいです。

学校によっては学校窓口に問い合わせて購入できることもありますが、受験直前まで海外滞在中というご家庭にはハードルが高くなります。

また、本来なら学校選びは校風や先生の様子なども見た上で決めるべきです。

しかし、まだ帰国してないご家庭にとっては十分な学校選びができず偏差値だけを見て受験校を決める傾向があります。

すでに帰国されてるご家庭であっても学習塾から偏差値を重視した学校選びを迫られます。

保護者も流されがちですが、偏差値の高い学校となればなるほど、帰国子女枠と言えども問題も難しくなります。

例えば、いくつかの図形を組み合わせて交わる点の角度を求める問題など小学生では習わない問題が一般受験と同じように帰国生入試でも出題されます。

つまり帰国生入試でも一般受験で合格を勝ち取ることができるだけの学力が子供に必要になります。

帰国生入試だから簡単に合格できるわけではありません。

もし帰国生入試で中学受験をに挑戦すると決めたなら、まずは自分の子供にとってどの学校が最も合うのかを考えるべきです。

海外生活が長く国語などのフォローがない学校に入っても子供にとっては苦痛でしかありません。

逆に海外生活が長く英語が得意のであれば、高校卒業後に海外の大学進学も見据えて国際バカロレア認定校に進学することも選択肢の一つになります。

いずれにせよ偏差値に惑わされず自分の子供にとってどのような環境で中学・高校生活を送ってほしいかを最優先に考えて志望校を決めましょう。