亀頭オナニーのやり方!男の潮吹きも可能!

「亀頭オナニー」とは、陰茎の先端にある亀頭を集中的に刺激するオナニーのことです。

亀頭は男性の体の中で最も敏感な部位です。

つまり亀頭オナニーとは、体の中で最も感じやすい部位に対して、刺激を与えるので、必然的に普通のオナニーよりも強い性的快感を得ることができます。

本記事では、亀頭オナニーのやり方や注意点についてご紹介しますので、新たな快感へとチャレンジしたい方はぜひ参考にしてみてください。

亀頭オナニーとは?

亀頭オナニー

意味:陰茎の先端部分にある亀頭を集中的に刺激するオナニーのこと。

亀頭オナニーは、陰茎の先端部分にある亀頭を集中的に刺激することで、普通のオナニーよりも強い性的快感を得ることが可能です。

基本的に亀頭を覆う皮膚は、その他の陰茎部分の皮膚と比べて、非常に薄いので、非常に感じやすく敏感になっています。

亀頭オナニーのやり方を正しく理解することは、自分の体の中で最も気持ちいいパーツを制することと同じです。

これまでに経験したことがない、強い快感を得ることができます。

亀頭の歴史

割礼を行う文化を持つ国や地域では、包皮の先端を切除することによって、人為的に亀頭を露出させます。

しかし、亀頭が剥き出しのままだと危険なので、ペニスケースや布、乾燥させたカボチャなどで、亀頭を保護する文化も存在します。

これらの文化圏においては、亀頭のみを隠して、陰茎は丸出しであることが多く、逆に亀頭を晒すことは、礼儀を逸した犯罪行為とみなされます。

過去に欧米人が、亀頭を露わにして、水浴びしたことによって事件に発展したことがあります。

また、古代ギリシアでは、全裸でスポーツ競技が行われていました。

ここでも亀頭は特別扱いされ、包皮から亀頭がはみ出ないようにm紐で固定する措置がなされてました。

このように、亀頭は歴史的に見ても、神秘的な体の部位として扱われてきました。

その背景には、亀頭は男性の体の中で、最も敏感なパーツであることが関係してるためです。

亀頭オナニーのやり方

亀頭オナニーのやり方をご紹介する前に、「亀頭」そのものについて少し解説させてください。

まず生まれた頃は、亀頭自体は包皮によって保護された状態にあるため、外側からは亀頭を確認することができません。

同様に、幼少期も包皮開口部が狭くて、亀頭全体を露出させるのが難しいです。

しかし、思春期を迎えて、陰茎が長大化すると同時に、亀頭そのものも増大化するので、包皮を破り亀頭が露わになります。

また、自慰行為(オナニー)によって、包皮口がさらに広がるので、より亀頭が外側から確認しやすくなります。

露出された亀頭は、とても敏感で手指や衣類が触れるだけで痛みを伴う人もいるほどです。

このように亀頭は、体の中でも非常に繊細な部位であるため、亀頭オナニーをやる際には、正しいやり方で行わないと皮膚が裂けて怪我してしまう可能性もあります。

1. 事前準備

すでにご紹介した通り、亀頭は繊細で怪我しやすいパーツです。

そのため、亀頭オナニーで亀頭を傷つけないためにも、事前準備が必須です。

まず、行うべきは、亀頭が乾燥しないように保湿してケアしてあげることです。

乾燥した亀頭に触れることで、亀頭付近の薄い皮が剥ける可能性があります。

亀頭を保護するために、ローションなど使ってヌルヌルにすることをおすすめしています。

手指で亀頭を触るのではなく、手のひらや指の腹にもローションを塗るようにしましょう。

特に、仮性包茎の方は、とりわけ亀頭が敏感になっているので、急に亀頭に触れると痛くなってしまいます。

そのため、ゆっくりとソフトタッチで亀頭に触るようにしてください。

2. 亀頭の中の性感帯を見つける

実は亀頭の中にも多数の性感帯が存在します。

これは個人差があるのですが、一般的に亀頭の裏スジに集中してることが多いです。

裏スジは亀頭と陰茎の間くらいにあります。

この部分の半径5mm以内に、亀頭の性感帯が集まっています。

性感帯に触れると、腰の力が抜けてフワフワした感覚になります。

集中的に刺激を与えてあげるだけで、射精してしまうレベルで強い快感を得ることができます。

3. 手のひらで亀頭全体を包む

手のひらにローションをたっぷり塗って、亀頭を包むようにやさしく握ってみてください。

イメージとしては、ペットボールの蓋を閉めるような感覚で、性感帯を含めて亀頭をグリグリ回転させましょう。

また、人差し指と親指でOKサインのように輪っかを作って、その輪っかに亀頭を出し入れするのもおすすめの方法です。

亀頭を出し入れすることで、裏スジに指の関節がちょうど良い強さで当たります。

まるでの本当にハメれてるような感覚になります。

亀頭オナニーで男の潮吹きも可能に

射精後も、亀頭オナニーの手を休めずに、継続して亀頭を刺激してください。

亀頭は非常に感じやすい部位なので、男性器がキュッと縮む感覚になります。

継続して亀頭オナニーを続けることで、次第に全身の力が抜けて、体全体がくすぐったくて堪らなくなります。

しばらく続けると、気持ち良すぎて体が痙攣するようになり、その勢いで潮を吹いてしまいます。

亀頭オナニーで、俗に言う「男の潮吹き」ができるようなります。

亀頭オナニーによる潮吹きは、前立腺マッサージ同じようなメカニズムです。

つまり、メスイキのように何度も絶頂を迎えることができるのです。

亀頭オナニーのメリット

亀頭オナニーは、単に強い性的快感を得られるだけではなく、それ以外に大きなメリットが2つあります。

そのメリットは「早漏改善」と「包茎改善」です。

両方とも、男性にとっては、根深い悩みであり、コンプレックスに感じている方も多いと思います。

亀頭オナニーによって、改善できますので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 早漏改善

亀頭オナニーは、男の潮吹きも可能にする超刺激的なオナニーであります。

これだけ聞くと、亀頭オナニーが本当に早漏改善に効くのか、疑問に感じてしまいます。

普通のオナニーは、陰茎部分を握って上下にシコシコし、短時間でフィニッシュしてしまいます。

それに対して、亀頭オナニーは、射精するまでに時間がかかるオナニーです。

亀頭オナニーは、確かに刺激的なオナニーなのですが、性的快感が徐々に体内に浸透していくので、射精するまでに時間がかかります。

イキそうでイケない、もどかしい時間が長いのが亀頭オナニーの特徴です。

この状態が続くことで、勃起したペニスに血液が溜まる時間も長くなります。

言い換えれば、亀頭オナニーは、強烈な快感に耐えるトレーニングみたいなものです。

なので、本番のセックスでも、亀頭オナニーで鍛えていれば、すぐにイクことがなくなるのです。

2. 包茎改善

日本人男性の約7割が真性包茎、仮性包茎、カントン包茎のいずれかに当てはまります。

思春期になると、包茎で悩む男性はとても多いと思います。

実は、亀頭オナニーは包茎改善にも役立ちます。

普通のオナニーでも、シコシコすることで、包皮が上下するので、包茎が改善されることがあります。

しかし、人によっては、この動作によって、逆に包皮がより伸びて、包茎が悪化することもあります。

亀頭オナニーの場合、亀頭がムキ出しにしないとできないので、真性包茎の人は、まずはペニスを勃起させて、亀頭を包皮から出す必要があります。

亀頭を包皮からしっかりムキ出にして刺激を与えるので、亀頭に血液が溜まり、亀頭よカリ部分が肥大化します。

その結果、通常時の亀頭のサイズが大きくなり、今まで覆ってた包皮がカリ部分でせき止められて、ペニスの先端まで戻らなくなり、包茎が改善されます。

亀頭オナニーの注意点

亀頭オナニーには、一点だけ注意点があります。

それは改めて、亀頭は体の中で、とても繊細な部分であることを再認識することです。

亀頭は、尿道に近い部分なので、衛生面でも注意が必要です。

汚い手で亀頭に触れることは、言語道断です。

まとめ:亀頭オナニーは超気持ちいい

本記事では、亀頭オナニーのやり方や注意点についてご紹介しました。

亀頭オナニーは、あらゆる刺激を亀頭に集中させて、普通のオナニーでは絶対に感じることができない、未知の快感を得ることができます。

しかし、亀頭は体の中で、最も繊細な部位であるため、怪我がないように、ローションなどを利用して安全第一でやることが大切です。

亀頭オナニーに慣れてきたら、電動ブラシや亀頭オナニー専用に開発されたアダルトグッズのブラックロックXXX(トリプルエックス)を利用して、より強い快感にトライしてみるのもおすすめです。

また、亀頭オナニーは「男の潮吹き」をも可能にするオナニーです。

一度、潮吹きを経験してしまうと、普通のオナニーには戻れなくなるほどの強い快感を得ることになります。

そのため亀頭オナニーには、強い中毒性があるので、やり過ぎにはくれぐれも注意してください。

本記事を読んでる人の中には、亀頭オナニーには興味あったけど、どのようにすれば亀頭オナニーできるのかわからなかった人もいらっしゃるたと思います。

しかし、この記事を読んだ今、すでにあなたは亀頭オナニーの全てを知ることができました。

あとは実践あるのみです。

わからないことがあれば、この記事を読み返して、少しでも明るい毎日を過ごしていただけたら幸いです。